獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠   獣医臨床麻酔学

・B5判 並製本ソフトカバー 168頁

・ISBN:978-4-87362-755-7
・日本獣医麻酔外科学会 編                      山下和人(酪農学園大学附属動物医療センター センター長/酪農学園大学獣医学群獣医学類 学類長) 著
・2017年04月7日発行

・定価 :3,240円(税込)

3万円以上のお買い上げで配送料無料となります

販売価格 : 3,240 (税込)

数量 :
  • かごに入れる
  • すぐに購入

内容紹介

獣医学教育モデル・コア・カリキュラムの内容に準拠した獣医麻酔学の共通テキスト。カリキュラムに対応して一般目標、到達目標を各章に配置した。簡潔にまとめられた文章と豊富なイラストにより、共用試験の対策テキストとしてだけでなく、用語の確認や試験前学習など幅広く使える1冊である。

著者一覧

山下和人(酪農学園大学附属動物医療センター センター長/酪農学園大学獣医学群獣医学類 学類長)
 

目次

第1章 麻酔の概要と歴史
 1.麻酔の概念
 2.麻酔の目的
 3.麻酔の歴史
 4.麻酔法の分類
 5.麻酔薬の取り扱い方
第2章 鎮静
 1.鎮静に用いられる薬物
 2.トランキライザー
 3.α2­−アドレナリン受容体作動薬(α2−作動薬)
 4.オピオイド
 5.ケタミン
 6.各種動物における鎮静
第3章 局所麻酔
 1.局所麻酔薬の分類と作用機序
 2.局所麻酔薬の使用上の原則,禁忌と合併症
 3.局所麻酔薬
 4.局所麻酔薬の適用法
 5.各種動物における局所麻酔法
第4章 全身麻酔
 1.麻酔状態が生じる機序
 2.吸入麻酔薬
 3.吸入麻酔に使用される器材,機器
 4.注射麻酔薬
 5.筋弛緩薬
 6.全身麻酔の実際

 
第5章 疼痛と鎮痛
 1.痛みが生体に及ぼす影響
 2.痛みが伝達・認識される機序
 3.鎮痛法
 4.急性痛の特徴とその管理法
 5.慢性痛の特徴とその管理法
 6.癌性疼痛の特徴とその管理法
第6章 周術期管理
 1.麻酔症例の術前評価と術前準備
 2.麻酔モニタリング
 3.麻酔中の呼吸管理
 4.麻酔中の循環管理
 5.体温管理
 6.術後疼痛管理
第7章 動物種と麻酔
 1.馬の麻酔
 2.反芻動物の麻酔
 3.犬の麻酔
 4.猫の麻酔
 5.豚の麻酔
 6.実験動物の麻酔
第8章 心肺蘇生
 1.心肺停止(CPA)の診断と一次救命処置(BLS)
 2.二次救命処置(ALS)
 3.心肺停止後の管理(PCA管理)
第9章 安楽死
 1.倫理的な安楽死法
 2.安楽死の具体的な方法

関連商品

外科系

小動物外科診療ガイド</br>−新刊特価10月31日まで−

小動物外科診療ガイド
−新刊特価10月31日まで−

西村亮平(東京大学)・藤井康一(藤井動物病院)・
伊東輝夫(青葉動物病院) 監修

24,300円

獣医臨床麻酔学

獣医臨床麻酔学

佐々木 伸雄(東京大学)/多川 政弘(日本獣医生命科学大学)/西村 亮平(東京大学) 監修

8,640円

獣医療におけるレーザー外科 実践の手引き

獣医療におけるレーザー外科 実践の手引き

安川 明男 訳

20,520円

犬と猫の腫瘍 ―内科的管理と外科的管理―

犬と猫の腫瘍 ―内科的管理と外科的管理―

小川 博之(東京大学)/佐々木 伸雄(東京大学)/中間 實徳(山口大学) 監修

41,040円

臨床家のための獣医麻酔

臨床家のための獣医麻酔

中間 實徳(山口大学) 監修

5,400円

獣医外傷・管理

獣医外傷・管理

小池 壽男(北海道大学) 監修

16,200円

ラボラトリーアニマルの麻酔 ―げっ歯類・犬・猫・大動物―

ラボラトリーアニマルの麻酔 ―げっ歯類・犬・猫・大動物―

倉林 譲(岡山大学) 監修

9,936円