犬・猫の問題行動ハンドブック

・B5判 並製本 256頁

・ISBN:978-4-87362-081-7
・工 亜紀(東京大学) 訳 佐々木 伸雄(東京大学) 監修
・1998年03月31日発行

・定価 :11,340円(税込)

3万円以上のお買い上げで配送料無料となります

販売価格 : 11,340 (税込)

数量 :
  • かごに入れる
  • すぐに購入

内容紹介

犬・猫の行動に関する相談を診療の中でどのように組み込んだら良いかが解説されている。学習理論や行動修正の技法といったトピックを紹介するたけにとどまらず、問題行動をうまく管理するために診断や治療の際にどうするべきかを事例を用いてわかりやく説明されている。
 

著者一覧

Gary M. Landsberg
Wayne Hunthausen
Lowell Ackerman

 

目次

1.行動カウンセリングと臨床獣医師
2.新たにペットを飼う人のためのカウンセリング
3.行動カウンセリングと行動修正の技法
4.行動治療に用いられる薬物
5.手のつけられない行動
6.排泄行動の問題
7.破壊的行動
8.摂食と食餌に関連した問題
9.恐れと恐怖症
10.犬の攻撃性
11.猫の攻撃性
12.常同行動と強制行動
13.老齢動物における問題行動
付録:薬用量一覧

関連商品

行動学

犬と猫の行動学 基礎から臨床へ 付録DVDつき

犬と猫の行動学 基礎から臨床へ 付録DVDつき

内田 佳子(酪農学園大学) 菊水 健史(麻布大学)著 イラスト 森 裕司(東京大学)

7,560円

問題行動における薬物療法 ―コンパニオンアニマルのための―

問題行動における薬物療法 ―コンパニオンアニマルのための―

内田 佳子(酪農学園大学)/柿沼 美紀(日本獣医生命科学大学) 監修

10,584円